自動車保険を選ぶ時

自動車保険を選ぶ時に年間走行距離で選ぶというような方法があります。年間走行距離というのは年間で自動車で走った距離のことです。年間走行距離が短い人のほうが運転する頻度が低くなりますので、それに伴い事故に遭う可能性が低くなります。
年間走行距離がどう保険料と関係するのかというと、年間走行距離が低いほど事故に遭う可能性が低いので、その結果として保険料が安くなります。
その反面年間走行距離が高い人はどうしても運転する頻度が高くなり、その結果として事故に遭う可能性が高くなるので、保険料がどうしても高くなってしまいます。
自動車保険において事故に遭う可能性が高くなるというのは保険金の支払いの影響してくる問題になりますので、走行距離が短い人に関しては保険料を安くすることで自動車保険の加入を促進するという目的があります。
普段からそんなに自動車を使用しなかったり、使用したとしても目的地が比較的近いというように走行距離が短い人に関しては年間走行距離というファクターで選んでいくと保険料が安くなる傾向にあります。
それでは保険会社にどうやって年間走行距離を伝えるのかということですが、メーターなどを見て自分で次年の年間走行距離を予想したものを申告します。
メーターの数値は走行距離の累積値なのでそのまま伝えることはできないので、ここから次年はこのくらい走るだろうということで年間走行距離を算出します。
なぜ年間走行距離を申告しないといけないかというとこの距離によって保険料が変わってくるからです。
年間走行距離の平均値としては8,000Kmから12,000Kmだと言われています。普段から通勤などに使用し、土日祝日に結構遠出などをするという人が大体平均値程度になります。
月に2回程度は必ず給油をするというような人は平均値よりは高いでしょう。なかなか年間走行距離の見積もりは難しいのではないでしょうか。結果的には目分量で申告せざるを得ないですので、きっちりと出す必要はないですが、明らかに虚偽申告をしたり申告した走行距離と実際の走行距離との間で相当乖離しているという場合には保険金が出ないもしくは追加の保険料を請求されることがありますので注意してください。
実際の走行距離が申告した走行距離に比べて長くなりそうだなという時にはわかった時点で保険会社に連絡するようにしてください。
事故が起きた時に保険金が出なくなるのは困るので年間走行距離をどのくらいに見積もるのかを注意してください。

自動車保険の選ぶ方を、自動車保険見積もりガイドに教えてもらいました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ